‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

保険期間とは

2014/10/28

医療保険で迷うのが、保険期間は、一生涯(終身)と一定期間のものがあります。これは、保険により、保障がされる期間を示しており、払込期間を示すものではありません。
終身の場合、最後まで支払い期間があるものと、60歳までに払込終わるようなものがあります。当然、途中まで支払う場合には少し保険料が高くなりますが、ずっと払い続けなくても良いという利点があります。終身払込をする場合には、月々の支払いが安くなることが良い点です。家計の支出に合わせて、検討することができます。
また、一定期間の場合には、10年などの期間が決まっており、自動更新されていくものが多くあります。若いうちは保険料が少なくなりますが、年を経るにつれて、保険料は高くなっていくのです。見直しをすることも念頭において契約される方にはぴったりの契約方法ではないでしょうか。
医療保険に入る際に、もうひとつ気をつけたいのが、入院の際の保障内容です。入院日額でいくらもらえるのかということで、全く保険金額が変わってきます。月額の払込金額をいくらいにするかを決めることが重要です。
今の自分の立場を考えて契約を考えていくと、自ずとぴったりの契約方法が見つかってきます。じっくりと検討して、自分に合った保険を探したいものです。

1入院の限度日数とは

2014/10/28

医療保険の選び方には、いくつかのポイントがあります。1入院の限度日数で選ぶのも重要です。1入院とは、同じ病気での一定期間内の入院を意味します。多くの医療保険の契約内容で、180日が入院給付に制限のある期間として記載されいます。
入院を繰り返す重病に対応には、長期の入院限度日数に設定した医療保険が必要です。医療保険は、入院治療や手術に必要になります。
保険を、入院の免責日数で選ぶのも重要4です。日帰り入院から保証がされるものや、数日免責期間があるものまで様々な種類があります。
医療保険は入院の費用や手術代、そして通院費を心配しない為に必要です。公的な保健で保証出来ない部分を、民間の保険契約でカバーするのが加入する目的になります。
自分に最も必要な保障内容のものを契約する事が大切です。保険料は、保証内容や給付金によって異なります。がんや婦人科系の病気に特化した保険を選ぶ人も増えています。
この様に、医療保険はどの様な保証内容に重点をおくかで必要性とその役割が異なります。保険料の支払いで生活が困る事の無い程度の金額のものを選びます。
終身タイプとや掛け捨てのものなど多くの種類があるので、いくつか見積もりを出してもらうのも重要です。

保険料払込期間とは

2014/10/28

医療保険を選ぶ際に、注目すべきポイントがあります。それは、保険料払込期間についてです。
これは、保険契約者が保険料を支払う義務がある期間のことを言います。どのように払込期間を設定するかによって、保険料の支払い方が大きく変わってきますので注意が必要となります。
終身医療保険の支払い期間の種類というのは、大きく分けると2種類あります。一つは短期払いで、もう一つが終身払いです。
短期払いというのは、保険料の払込を60歳や65歳など一定年齢までの期間ですべて終わらせるという支払い方法のことです。もちろん払込終了後も一生涯保障が続くことになります。メリットとしては、契約時に保険料払込総額を確定できるということですが、毎回の保険料が終身払いよりも高くなるというデメリットもあります。
そして終身払いですが、保障が続く限り保険料を払い込み続けるというタイプです。つまり、長生きすればするほど、総合的に支払う保険料というのは高くなっていくという特徴があります。ただし毎回の保険料は短期払いよりも安く、気軽に利用しやすいというメリットがあるのです。
このように払込タイプというのはいろいろあります。自分にはどのような方法が適しているのかきちんと考えて医療保険を選ぶ必要があります。

入院給付金について

2014/10/28

保険に入った時には、入院給付金というものがあります。この入院の給付金というのは何かご存知でしょうか?これは、不慮の事故を起こした時、入院を必要とした時に、入院にかかる費用を賄ってもらえる制度です。
私達は、いつどこで事故を起こし、病院で生活する事を余儀なくされるか分かりませんよね。 ずっと健康で暮らせていればいいのですが、そうとも限りません。いつ重大な病気にかかるか、事故に巻き込まれて長期入院を強いられてしまうか分かりません。その時のために入っておくといいいのが、医療保険なのです。医療保険に入っておけば、いつどこで遭うか分からないような事故や、いつ発症するか分からないような病気の時の備えになりますよね。給付金を支給されれば、入院費用の負担を全て自分やご家族にしてもらう事もありません。
しかし、この給付金には種類があります。その保険金額によっても、保証される内容は変わってきますし、いくら支給されるかも変わってきます。例えば、5日以上の入院であれば、給付金が支給されるというタイプのものもあります。このようなタイプのものを選んだ場合には、3日間の入院ですと、支給される事はありませんので注意が必要です。支給される額は、その内容によっても異なります。1日あたりの支給額が決まっているのです。

医療保険の選び方

2014/10/28

病気やけがなどで入院したり手術をしたりしたときに役立つ医療保険ですが、選び方は人それぞれです。どういった保障が欲しいのか、保険料はどのくらい出せるのかによって、選ぶべき内容が違います。
まずポイントになるのは保障される期間です。1度の入院で保障される期間には制限があり、また複数回の入院でもその間に空いている期間が短ければ1回の入院と見なされることがあります。この日数は各保険会社によって違っているので、自分が経験しそうな病気やけがのタイプを考えて選ぶ必要があります。
次に定期型と終身型、どちらを選ぶかです。定期型は一定の期間で更新があり、更新のたびに保険料が上がっていくシステムです。加入時の保険料をなるべく安くしたい人や、保険の見直しをこまめにする人に向いています。
終身型は一生涯保険内容が続くもので、保険の更新がありません。そのため加入時に定められた保険料をずっと支払っていきます。終身型には60歳で保険料の払込が終わって、その後も保障を受けられるものと一生涯保険料を支払うものがあります。
また1日の入院費用や手術給付金なども大切な要素です。時代によって医療も変わるのでそのときの医療はどうなのかを調べて加入し、加入後も医療の現状を見ながらその時々にあったものに変えていくことが大切です。

入院時の医療費以外の諸経費について

2014/10/28

突然の入院で困るのが費用です。医療費については、保険で賄えるところですが、医療費以外のベッド代や食事代などで、思ったよりもお金がかかってきます。そんな時、強い味方となるのが、公的医療保険です。
公的医療保険とは、会社に所属する人ならばいわゆる健康保険、公務員などの共済組合、自営業の方などの国民健康保険などのことを指しています。また、お世話になることが考えられるのが、高額療養費の制度です。これも公的医療保険の一種で、所得の階層によって決まっている支払い金額の上限を上回った場合、国からの補助が出る制度です。現在では、病院へこちらの制度を使用することを事前に申請しておけば、その金額をひいた額で請求をされるようになります。
また、子どもについては、各自治体によって違いますが、ある程度の年齢まで、自治体が医療費を負担してくれるため、無料かまたは、ごく少額を支払うだけで、受診することができます。市販薬なども出ていますが、やはりお医者さんに診てもらうことで、その子どもに合った薬を出してくれるようになります。風邪など病気にかかりやすい為、親御さんにとっては嬉しい制度と言えます。
公的医療保険できることを知り、正しく使うことで、より健康な生活が送れると言えるのではないでしょうか。

入院時の自己負担費用ってどのくらい?

2014/10/28

入院をすると平均して1万円ほどの費用を払わなければなりません。費用には医療費や差額ベッド代、食事代などがあります。どのくらいの医療費を支払うのかというと、そのは病院でどのような治療をしてもらうのかや、日数によって変わってきます。より高度な治療が必要な病気では、より医療費が高くなります。
医療費は全額払うものではありません。日本人はすべての人が健康保険に入っているので、健康保険によって医療費が安くなります。たいていは3割が自己負担費用です。
また、高額療養費制度も利用できます。これは一月での医療費の支払いが一定額を超えた場合、その差額が支給される制度です。この制度を使うことで、医療費の自己負担する額が減少します。
差額ベッド代は個室や少人数の部屋を希望した時に必要となる予算です。大人数の部屋ではこの費用は必要ありません。
また、食事が病院から出されます。この食事代に関しても支払うことになります。民間の医療保険に入っていないと、医療費や差額ベッド代などを自分で払わなければなりません。
短期で退院できる場合にはあまり出費は高くありませんが、期間が長くなるほど自己負担が増大します。万一の時にお金の心配をしなくなるのが保険であり、加入を検討するときには保険内容を確かめておいてください。

高額療養費制度が適用されない項目について

2014/10/28

病気やけがなどで入院や通院をし、手術や薬代などでお金がかかると家計を圧迫することがあります。高額な医療費が負担にならないように、月に使った医療費が一定の金額を超えた場合、超過分が戻ってくるのが高額療養費制度です。負担の上限額はその人の所得や年齢によって違います。
この制度は医療費が高額になったときの負担を軽くしてくれますが、制度が適用にならない場合もあります。適用外のものについては医療費からは差し引いて計算されます。
まずは差額ベッド代です。差額ベッド代は患者が希望して受けるサービスで、必ずしも病気やけがの治療に必要なものと認められていないため対象外です。また入院時にかかった食事代なども制度の対象にはなりません。
先進医療費の自己負担部分も制度の対象外です。通常公的保険の対象となる医療行為と対象外になる医療行為がある場合、これらの併用は認められていないため全額自己負担になります。しかし先進医療についてはこれらの併用が認められていて、対象外の部分のことを特別料金部分と呼んでいます。
先進医療の場合、先進医療を受けたことに伴う入院費など公的保険の対象となる部分は制度の対象になります。しかし特別料金部分は制度の対象外のため、自己負担しなければなりません。

公的医療保険でできること

2014/09/18

病気になったり、怪我をしたりすると病院に行き治療します。ひどい場合には入院して治療することになります。健康な生活を送るためには医療に頼ることになります。
病院で治療を受けたり診察をしてもらうと、医療費を支払います。ここで医療費はとても高額です。しかし、公的医療保険に加入することで医療費を負担してくれます。これが病院での支払いが医療費の3割で良いという理由です。
この保険には医療費の3割負担だけではなく、他の制度もあります。それは高額療養費制度です。この制度は病院に入院するなどして高額な医療費を払った場合に、医療費が少し返ってくるというものです。所得によって1ヶ月にどれだけの医療費を支払った場合に、お金が返ってくるかは異なっています。
この制度を利用することで、医療費が3割になり、かつ医療費の一部を返還してもらえるのです。低所得者でも医療費の心配をすることなく、病院で治療できます。外国では公的な保険が普及していることは少なく、日本独特のものと言えます。
また、子供の医療費もこの保険によって少なくなります。どれくらい安くなるかは各市区町村によって異なっています。子供の治療費は無料になったりすることもあり、子供の医療に関してお金の心配をする必要はなくなります。