保険期間とは

医療保険で迷うのが、保険期間は、一生涯(終身)と一定期間のものがあります。これは、保険により、保障がされる期間を示しており、払込期間を示すものではありません。
終身の場合、最後まで支払い期間があるものと、60歳までに払込終わるようなものがあります。当然、途中まで支払う場合には少し保険料が高くなりますが、ずっと払い続けなくても良いという利点があります。終身払込をする場合には、月々の支払いが安くなることが良い点です。家計の支出に合わせて、検討することができます。
また、一定期間の場合には、10年などの期間が決まっており、自動更新されていくものが多くあります。若いうちは保険料が少なくなりますが、年を経るにつれて、保険料は高くなっていくのです。見直しをすることも念頭において契約される方にはぴったりの契約方法ではないでしょうか。
医療保険に入る際に、もうひとつ気をつけたいのが、入院の際の保障内容です。入院日額でいくらもらえるのかということで、全く保険金額が変わってきます。月額の払込金額をいくらいにするかを決めることが重要です。
今の自分の立場を考えて契約を考えていくと、自ずとぴったりの契約方法が見つかってきます。じっくりと検討して、自分に合った保険を探したいものです。

コメントは受け付けていません。