保険料払込期間とは

医療保険を選ぶ際に、注目すべきポイントがあります。それは、保険料払込期間についてです。
これは、保険契約者が保険料を支払う義務がある期間のことを言います。どのように払込期間を設定するかによって、保険料の支払い方が大きく変わってきますので注意が必要となります。
終身医療保険の支払い期間の種類というのは、大きく分けると2種類あります。一つは短期払いで、もう一つが終身払いです。
短期払いというのは、保険料の払込を60歳や65歳など一定年齢までの期間ですべて終わらせるという支払い方法のことです。もちろん払込終了後も一生涯保障が続くことになります。メリットとしては、契約時に保険料払込総額を確定できるということですが、毎回の保険料が終身払いよりも高くなるというデメリットもあります。
そして終身払いですが、保障が続く限り保険料を払い込み続けるというタイプです。つまり、長生きすればするほど、総合的に支払う保険料というのは高くなっていくという特徴があります。ただし毎回の保険料は短期払いよりも安く、気軽に利用しやすいというメリットがあるのです。
このように払込タイプというのはいろいろあります。自分にはどのような方法が適しているのかきちんと考えて医療保険を選ぶ必要があります。

コメントは受け付けていません。