高額療養費制度が適用されない項目について

病気やけがなどで入院や通院をし、手術や薬代などでお金がかかると家計を圧迫することがあります。高額な医療費が負担にならないように、月に使った医療費が一定の金額を超えた場合、超過分が戻ってくるのが高額療養費制度です。負担の上限額はその人の所得や年齢によって違います。
この制度は医療費が高額になったときの負担を軽くしてくれますが、制度が適用にならない場合もあります。適用外のものについては医療費からは差し引いて計算されます。
まずは差額ベッド代です。差額ベッド代は患者が希望して受けるサービスで、必ずしも病気やけがの治療に必要なものと認められていないため対象外です。また入院時にかかった食事代なども制度の対象にはなりません。
先進医療費の自己負担部分も制度の対象外です。通常公的保険の対象となる医療行為と対象外になる医療行為がある場合、これらの併用は認められていないため全額自己負担になります。しかし先進医療についてはこれらの併用が認められていて、対象外の部分のことを特別料金部分と呼んでいます。
先進医療の場合、先進医療を受けたことに伴う入院費など公的保険の対象となる部分は制度の対象になります。しかし特別料金部分は制度の対象外のため、自己負担しなければなりません。

コメントは受け付けていません。