公的医療保険でできること

病気になったり、怪我をしたりすると病院に行き治療します。ひどい場合には入院して治療することになります。健康な生活を送るためには医療に頼ることになります。
病院で治療を受けたり診察をしてもらうと、医療費を支払います。ここで医療費はとても高額です。しかし、公的医療保険に加入することで医療費を負担してくれます。これが病院での支払いが医療費の3割で良いという理由です。
この保険には医療費の3割負担だけではなく、他の制度もあります。それは高額療養費制度です。この制度は病院に入院するなどして高額な医療費を払った場合に、医療費が少し返ってくるというものです。所得によって1ヶ月にどれだけの医療費を支払った場合に、お金が返ってくるかは異なっています。
この制度を利用することで、医療費が3割になり、かつ医療費の一部を返還してもらえるのです。低所得者でも医療費の心配をすることなく、病院で治療できます。外国では公的な保険が普及していることは少なく、日本独特のものと言えます。
また、子供の医療費もこの保険によって少なくなります。どれくらい安くなるかは各市区町村によって異なっています。子供の治療費は無料になったりすることもあり、子供の医療に関してお金の心配をする必要はなくなります。

コメントは受け付けていません。